1. トップ
  2. セミナー情報
  3. 【無料Webセミナー】国際仲裁・調停条項の作り方とレビューの観点を学ぶ

今年の3月に実施したオンラインセミナー「国際仲裁・調停の仕組みを学び、国際間取引の紛争予防・解決に活用する」を契機に、霞ヶ関国際法律事務所・国際仲裁Chambers監修の国際仲裁に関する契約書の条文を、AI-CON Proに搭載する運びになりました。

そこでこの度、AI契約書レビュー支援クラウド AI-CON Pro への国際仲裁の条文搭載を記念しまして、「国際仲裁・調停条項の作り方とレビューの観点を学ぶ」と題し、契約書実務における国際仲裁・調停条項の条文作成方法や、レビューにおける観点、チェックポイントなどについて、じっくりお教えいただく機会を設けました。

  • 国際間取引が多い企業の法務担当者様、マネージャー様
  • 国際間取引の増加が今後見込まれる企業の法務担当者様、マネージャー様

を始め、契約法務に携わる方々のご参加をお待ち申し上げます。

本セミナーで得られること

  • 国際仲裁・調停制度について、契約書業務上での具体的な扱い方を知ることができます
  • 実務上でどのように活用できる制度か、知ることができます
  • AI-CON Proでどのように条文を参照できるかご覧いただけます

開催概要

セミナータイトル国際仲裁・調停条項の作り方とレビューの観点を学ぶ
日時2021年9月29日(水)12:00~13:00
開催方法オンライン(Zoom)
参加費無料

講師

高取 芳宏
霞ヶ関国際法律事務所・国際仲裁Chambers
 パートナー弁護士(日本及び米国ニューヨーク州登録)
英国仲裁人協会上級仲裁人(F.C.I.Arb.)
東京大学法科大学院講師

フィナンシャルタイムズにおいてアジア太平洋地域のトップ10弁護士に日本人で唯一選出された(2019年)国際仲裁・調停の第一人者。日本仲裁人協会常務理事、英国仲裁人協会日本支部共同代表等を務め、日本、シンガポール、韓国の主要仲裁機関で仲裁人リストに掲載される。弁護士評価機関として世界的に権威のあるChambersにより永年にわたり最上位のBAND1にランクされている。ハーバード大学法科大学院卒。


佐々木 陽一
霞ヶ関国際法律事務所・国際仲裁Chambers
 弁護士(第一東京弁護士会)

弁護士登録当初法律事務所勤務し、その後都内のスタートアップ企業において、IT領域特化のM&Aアドバイザーとして勤務。0からのM&A戦略立案、候補先企業へのアプローチ、DDの企画・実施、契約書の交渉・作成とM&Aの0から10までを担当し、国内外のベンチャー企業から老舗上場企業に至るまで様々な企業のM&Aを成功に導いてきた。
2019年より霞ケ関国際法律事務所での勤務を開始し、特にIT分野を中心に、国際的な仲裁案件や事業再生案件を担当。

申し込みフォーム

サービス紹介資料

  • 契約審査業務における負担とは
  • ご利用者様が感じている導入効果
  • 機能のご紹介
  • セキュリティについて

説明会

操作性や機能をオンラインで確認

費用

導入にかかる料金について