セキュリティ

セキュリティ
  1. トップ
  2. セキュリティ

安心のセキュリティ体制

AI-CON Proは、大企業でも安心して導入・ご利用いただくために、様々なセキュリティ対策の実装・運用を行っています。

WAF(ウェブアプリケーションファイヤーウォール)

通信内容を解析・検査し、Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃を防いでいます。

IDS (不正侵入検知システム)・IPS (不正侵入防止システム)

悪意のある第三者からの侵入を検知、および不正な通信を検出して遮断する仕組みを導入しています。

通信経路の暗号化

クライアント/サーバー間でTLSによる暗号化を、管理画面およびWordアドインとの通信に適用しています。
これにより、悪意ある第三者からの通信の盗聴や改ざんを防いでいます。

MFA(多要素認証)

ログイン時に、スマートフォンやタブレット・PCの認証アプリによる二段階認証を追加することができます。

接続元IPアドレス制限

AI-CON Proの管理画面およびWordアドインにアクセス可能なIPアドレスを指定することができます。
オフィスなど特定の場所からのみアクセスを許可することで、指定外の場所からのアクセスを遮断することができます。

第三者脆弱性診断

第三者機関によるアプリケーションの脆弱性診断を定期的に実施し、外部からの侵入対策を行っています。

OAuth 2.0に準拠

Auth0を導入し、OAuthフローに準拠したシステム構築を行っております。

ISMS 認証(ISO27001)

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。

お客様の各種データの取り扱いについて

AI-CON Proは、レビュー対象の契約書ファイルをサーバーに保存することなく、Wordアドインを通じて(※)契約書レビュー業務をサポートします。

AI-CON Proは、お客様の契約書を弊社AIの学習データに使用しない設計のため、機密情報や法務ノウハウが流用する心配はありません。

※ Web版をご利用の場合は、契約書ファイルの弊社サーバーへの保存が行われます。しかし、弊社による当該Wordファイルの閲覧行為、AIの学習などの二次利用は一切いたしません。弊社の情報セキュリティ方針についてはこちらよりご確認いただけます。

サービスご紹介資料

AI-CON Proの詳細資料をご覧いただけます

  • 企業法務が抱える課題
  • AI-CON Proによる解決方法
  • 200社にお選びいただく理由
  • セキュリティについて

操作説明会

AI-CON Proの実際の操作を
オンラインで確認・理解

費用

AI-CON Proのご導入・ご利用にかかる
料金について