1. トップ
  2. セミナー情報
  3. 共催ウェビナー「契約システム3社特別対談!契約DX全社導入の壁と乗り越え方とは?」

※本セミナーは終了しました。

11月9日(火)15:00から「契約システム3社特別対談!契約DX全社導入の壁と乗り越え方とは?」と題して、契約審査アシスタント「GVA assist」を提供するGVA TECH株式会社は、国内初の契約ライフサイクルマネジメント(Contract Lifecycle Management、以下 CLM)システム「ContractS CLM」を提供するContractS株式会社と、Web完結型クラウド電子契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコム株式会社との共催ウェビナーを開催いたします。

新型コロナウイルスの拡大を契機に、本格的に契約領域のDX導入を検討しつつも、導入するにあたって、様々な障壁があり、なかなか進まないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本ウェビナーでは、第1部で「ContractS CLM」「クラウドサイン」「GVA assist」それぞれのサービス概要説明を行い、第2部では、弁護士ドットコム株式会社取締役 クラウドサイン事業部長 橘 大地(たちばな だいち)氏、ContractS株式会社 執行役員 COO 安養寺鉄彦(あんようじ てつひこ)氏、GVA TECH株式会社 取締役 CLO/弁護士 康 潤碩(かん ゆんそ)で、「契約DX全社導入の壁と乗り越え方」について徹底討論いたします。

このような方におすすめ

  • 契約業務のDXを推進・検討している方
  • 契約業務に課題を感じており、見直しを検討している方
  • 電子契約/契約管理サービス/AI契約書レビュー支援サービスの導入を検討している方

ご登壇

橘 大地(たちばな だいち) 氏
弁護士ドットコム株式会社 取締役 クラウドサイン事業本部長 

株式会社サイバーエージェント、GVA法律事務所入所を経て、2015年11月弁護士ドットコム株式会社入社、2018年4月より執行役員に就任、2019年6月より取締役に就任。リーガルテック事業「クラウドサイン」の事業責任者の他、ブロックチェーン技術を活用した「スマートコントラクト・システム」、AIなどのリーガルテック事業の研究開発を担当している。

安養寺 鉄彦(あんようじ てつひこ)
ContractS株式会社 執行役員 COO

不動産、モバイルゲームのスタートアップで管理部門やIPO準備の責任者を務めた後、グリー株式会社にて、財務・投資領域のマネージャーとして、M&Aやジョイントベンチャー設立を手掛ける。2020年より株式会社Holmes(現ContractS株式会社)に入社し、事業の成長と管理の強化に力を注いでいる。

津田 奨悟(つだ しょうご)
ContractS株式会社 経営企画部 部長

新卒で旭硝子株式会社(現AGC)に入社。ガラス製造プロセスエンジニアとして従事した後、デロイトトーマツコンサルティングにて経営コンサルティングに従事。その後、外資系企業2社で経営企画・事業企画を歴任。直近ではアドビ日本法人において、サービス事業の経営企画として営業、コンサルティング、カスタマーサクセスを横断して事業管理。2020年8月より現職。

康 潤碩(かん ゆんそ)
GVA TECH株式会社 取締役 CLO/弁護士

横浜国立大学法科大学院卒業後、司法試験合格を経てGVA法律事務所に入所。2017年末頃よりGVA TECH株式会社のリーガルサイド責任者として参画。2019年よりGVA法律事務所のパートナーに就任するとともに、GVA TECH株式会社のCLO(Chief Legal Officer)に就任。

開催概要

セミナータイトル共催ウェビナー
契約システム3社特別対談!契約DX全社導入の壁と乗り越え方とは?
日時2021年11月9日(火)15:00~16:00
開催方法オンライン(Zoom)
参加費無料

お申し込みフォーム

※本セミナーは終了しました。

サービス紹介資料

  • 契約審査業務における負担とは
  • ご利用者様が感じている導入効果
  • 機能のご紹介
  • セキュリティについて

説明会

操作性や機能をオンラインで確認

費用

導入にかかる料金について