1. トップ
  2. セミナー情報
  3. アーカイブ動画
  4. 【これからの企業法務の話をしよう02】”法務のDX”の先にある、法務がやるべき本質的な業務とは?
【これからの企業法務の話をしよう02】"法務のDX"の先にある、法務がやるべき本質的な業務とは?

リーガルテックを導入する目的として「業務効率化」が第一に挙げられますが、既存業務の効率化を達成したその先に、法務部門として今後どうあるべきか、あらかじめ構想を描いておくことも大切です。

AI契約書レビュー支援クラウド「AI-CON Pro」は、法務担当者さんが「未来の法務のありかた」を考える際の一助になるよう、未来にむけたさまざまな取り組みをすでに着手・実践している法務担当者さんをお招きし、お考えや今後についてお話いただくランチタイムセミナー「これからの企業法務の話をしよう」を開催しています。

2回目は、セガサミーホールディングス株式会社 法務知的財産本部 法務部 法務管理課 課長の東郷 伸宏 氏をお招きし、「"法務のDX"の先にある、法務がやるべき本質的な業務」について、GVA TECH株式会社 代表取締役の 山本 俊が聞き手となり、約1時間、じっくりお話しいただきます。

みなさまどうぞお気軽にご参加ください。

このような方におすすめ

  • 法務部門の担当役員
  • 法務部門のマネージャー
  • 未来志向の法務担当者

開催概要

セミナータイトルこれからの企業法務の話をしよう vol.2
"法務のDX"の先にある、法務がやるべき本質的な業務とは?
日時2021年2月19日(金)12:00~13:00
開催方法オンライン(Zoom)
参加費無料

ご登壇

これからの企業法務の話をしよう セガサミーホールディングス株式会社 法務知的財産本部 法務部 法務管理課 課長 の東郷 伸宏さん

東郷 伸宏
セガサミーホールディングス株式会社
法務知的財産本部 法務部 法務管理課 課長

金融ベンチャー役員を経て、2006年サミー株式会社に入社。以降、総合エンタテインメント企業であるセガサミーグループの法務部門を歴任。上場持株会社、ゲームソフトウェアメーカー、パチンコ・パチスロメーカーのほか、2012年にはフェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎県)に赴任。2017年現職。
部門の立ち上げから、数十名規模の組織まで、多種多様な法務部門をマネジメントしている。

※本セミナーは終了しました。

本セミナーは終了しました。

サービス紹介資料

  • 契約審査業務における負担とは
  • ご利用者様が感じている導入効果
  • 機能のご紹介
  • セキュリティについて

説明会

操作性や機能をオンラインで確認

費用

導入にかかる料金について