ツールを活用した契約書審査業務の効率化HowToガイド

ツールを活用した契約書審査業務の効率化HowToガイド
  1. トップ
  2. ホワイトペーパー
  3. ツールを活用した契約書審査業務の効率化HowToガイド

ビジネスの多様化にともない、法務領域の拡大および契約書取り扱い件数の増加が著しい昨今、契約書審査業務は1件あたりにかけられる可処分時間が減少しています。さらには、法務人材の採用難と採用後の早期オンボーディングに備える必要があり、法務担当者様の業務は質・量ともに増加の一方です。

契約書審査ツール(AI契約レビューツール)の導入により、これらの課題を解決することが見込めそうなものの、「どのサービスが当社に合ってるのだろうか」等、比較・選定に悩まれていらっしゃるのではないでしょうか。

本資料では、契約審査ツールの導入メリットと、選定時に考慮すべきポイントを解説いたします。

目次

  1. なぜ契約審査ツールを「今」導入すべきなのか?
  2. 契約書業務の全体像
  3. 契約業務における契約「審査・作成」業務の特徴
    1. 定型契約と非定型契約
    2. 契約リスクを大別する ~個別リスク/定型リスク~
  4. 契約審査業務の課題とツールによる解決方法
    1. 契約審査プロセスにおける課題とツールによる解決方法
    2. 情報収集(ヒアリング、事前のリサーチ・学習等)と整理
    3. 読む=リスクの発見
    4. 直す=リスクコントロールのための判断・追加修正
    5. 仕上げる=体裁を整える
    6. ドラフトする
    7. ツール(システム)が得意なこと/人が得意なこと
  5. 自社に適したツールの選び方 ~ツール選定の比較軸~
    1. ツール選定の比較軸(指摘型サービスと参照型サービス)
    2. 参照型ツールを選ぶべき企業は?
  6. 参照型サービスとしてのGVA assistの強み
    1. 「GVA assist」で実現する効率化の型
    2. 契約書審査・作成で「今」できること
    3. 開発ロードマップとこれからの開発方針

※本書とあわせて、「契約審査業務の生産性と業務効率を高めるためのHowToガイド」をご覧いただくと、より理解が深まるかと思われます。

ダウンロード用入力フォーム