1. トップ
  2. リリース
  3. 過去ナレッジ活用機能(ベータ版)リリースのお知らせ

過去ナレッジ活用機能(ベータ版)リリースのお知らせ

GVA TECH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本 俊、以下GVA TECH)は、AI契約審査支援クラウド「GVA assist」が、過去ナレッジ活用機能をリリースしたことをお知らせいたします。

過去ナレッジ活用機能(ベータ版)リリースのお知らせ

今回リリースした過去ナレッジ活用機能は、「日々の審査実務で一度検討・作成された契約書・条文・コメント」を、Word 上から GVA assist へとシームレスに保存することで、参考になる契約書データを活用するための過去契約書データベースを簡単に構築できる機能です。

GVA assist にアップロードされた過去契約書データの条文は、社内の共通データベースとして、Word 上からフリーワード検索で簡単に探すことができます。また、条文の内容だけでなく、Word ファイルに保存されている修正履歴や吹き出しコメントも GVA assist にデータとして蓄積・表示ができるため、条文の変更点や条文を修正した背景の把握、申し送りコメント作成の効率化に繋がります。

過去ナレッジ活用機能を開発した背景

各企業に修正済みの Word ファイルは存在していますが、社員が容易に閲覧できる環境にデータとして集約・保管されておらず、参考になる条文を探すために、各々が毎回メールに添付されている契約書データを探しに行く企業も少なくありません。

結果、メールを探すことに時間が掛かるだけでなく、案件を担当した人しか探すことができずに、過去の審査実務で検討済みの条文を再利用できなかったり、その条文の存在を知らないがために、それぞれの法務担当者が毎回修正文を検討して、契約審査のナレッジを活用できていない課題がありました。

そこで、審査終了時に「この契約書の条文は今後も利用できる」と思った契約書を、編集中の Word ファイルからシームレスに GVA assist へアップロードすることで、過去契約書が後から活用しやすい形式で条文データベース化され、誰もが簡単に参考になる条文を修正履歴・吹き出しコメント付きで見つけて、再利用ができるようになります。

過去ナレッジ活用機能をオススメする企業

  • 社内の審査済みWordファイルを整理できておらず再利用ができていない企業
  • 審査済みWordファイルに眠るナレッジを集約・共有していくことで業務効率化に繋げたい企業

今回提供開始した過去ナレッジ活用機能はベータ版としてリリースされており、今後以下の追加開発を行う予定です。

現時点でのアップデート予定

  • 保存先フォルダのサジェスト機能
  • 取引先名の自動取得機能
  • 上書き保存先となる過去ファイルの自動特定機能
  • 変更履歴ON/OFF機能
  • 契約書ファイルへのリンク機能
  • 簡易コピー&ペースト機能
  • 過去データの一括登録機能
  • デザインアップデート
  • 関連条文サジェスト機能

なお、本機能は一度審査した契約書/条文の活用を通じて、条文案などのリサーチ/作成を便利にするための機能であり、締結済みの契約書の保管/管理を目的とした機能ではございません。


GVA TECHでは、ユーザーさまからのお声を参考にしてプロダクト開発を進め、より早く、より正確な契約審査の実現を望まれる企業法務担当者や弁護士の皆さまを支援して参ります。

GVA assist ご紹介資料

  • 契約書レビュー業務における負担とは
  • ご利用者様が感じている導入効果
  • GVA assist の機能紹介
  • セキュリティについて
  • 料金について

無料デモ(オンライン)

機能や操作性、メリットをさっと確認

ご利用料金

プラン、ご利用人数に応じ適切な金額をご案内