1. トップ
  2. リリース
  3. 導入社数200社突破のお知らせ

導入社数200社突破のお知らせ

GVA TECH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本 俊、以下GVA TECH)は、AI契約書レビュー支援クラウド「AI-CON Pro」の導入社数が200社を突破したことをお知らせいたします。

AI-CON Pro導入社数200社突破のお知らせ

「AI-CON Pro」は、ユーザーが使用している契約書ひな型や契約審査の担当者に蓄積されている基準をセットアップすることで、ユーザーのビジネス環境に則した契約書レビュー支援を実現するサービスです。

一方、契約書のひな型をお持ちでなかったり、普段あまり取り扱わない類型の契約書レビューにお困りの企業や法律事務所に向けて、GVA TECHに所属する弁護士があらかじめ用意した130種類以上の契約審査基準で契約書レビューを可能にする機能「AI-CONプレイブック」も提供しております。

2020年2月の正式リリースから、製造メーカーや金融、通信、不動産、ITなど幅広い業界の企業や法律事務所にご活用していただいており、このたび導入社数が200社を突破いたしました。

導入企業(一部)から「AI-CON Pro」の活用についてコメントをいただきましたので、以下に記載いたします(五十音順)。

AI-CON Pro導入社数200社突破のお知らせ

株式会社イングリウッド

「契約審査の効率化が弊社の課題でした。自社の契約ひな型のプレイブックを作成し、契約審査時にAI-CON Proのプレイブック機能を使うことで、契約ひな型と比較して不足している条文が明示されるので、契約審査に掛かっていた時間が大幅に短縮されました。また、契約審査を行うWordファイルの右側にプレイブックが表示されることで、参考にする情報を探す時間や手間が減って大変助かっています」

京王電鉄株式会社

「今までは、法務担当者それぞれが契約審査をしてナレッジを各自で蓄積してましたが、AI-CON Proを使うことで、契約審査時に気づいた観点や修正例、ノウハウなどをWordの画面上で簡単に蓄積することができるため、ナレッジマネジメントのツールとして役立っています。各人がナレッジを蓄積するだけでなく、AI-CON Proを使って法務部内でしっかりと共有していくことで、強い法務組織を作りたいと思います」

株式会社レアジョブ

「事業拡大や組織成長に伴い、これまで以上にスピード感をもった契約審査が必要となりました。そこで担当者に依存しないナレッジ共有と効率化を図るためにAI-CON Proを導入しました。属人化されていた契約審査のルールが言語化されて明確になることで、どの担当者でも同じクオリティでスピード感をもった契約審査ができる体制が整いました。また、この体制強化により法務部門のリソースをより戦略的な業務に向けることができるとともに、将来的には法務部門だけでなく、ビジネスの現場でもAI-CON Proを活用することで、ビジネスのスピードを上げる仕組み作りができることを期待しております」

GVA TECHでは、契約書レビュー業務の効率化を進め、テレワークでも円滑に契約書レビュー業務ができるように、企業や法律事務所の皆さまを支援して参ります。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
GVA TECH株式会社  神藏(かみくら)
Mail:ai-con-pro@gvatech.co.jp

サービスご紹介資料

AI-CON Proの詳細資料をご覧いただけます

  • 企業法務が抱える課題
  • AI-CON Proの解決方法
  • お選びいただく理由
  • セキュリティについて
  • 競合比較

操作体験会

AI-CON Proの実際の操作を
オンラインで体験いただけます

相談する

貴社の課題にAI-CON Proがお役に立てるか
ご相談から承ります