1. トップ
  2. お知らせ
  3. Hubbleとのセット割りキャンペーン開始のお知らせ

Hubbleとのセット割りキャンペーン開始のお知らせ

GVA TECH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本 俊、以下GVA TECH)は、AI契約審査クラウド「GVA assist(ジーヴァアシスト)」と、株式会社Hubble(本社:東京都港区、CEO:早川 晋平)が提供する契約書管理クラウドサービス「Hubble(ハブル)」とのセット割りキャンペーンを開始したことをお知らせいたします。

これにより、GVA assist・Hubbleの両サービスを1ヶ月以内に新規契約することで、月額費用を20%OFFでサービス提供をいたします。


セット割引キャンペーン開始の背景

Hubbleは2018年11月、GVA assistは2020年2月にサービスを正式リリースし、新型コロナウイルスの影響によってテレワークが一般的な働き方になる中でも、それぞれのサービスの導入実績を着実に伸ばしてきました。また、両サービスとも契約継続率が99%を超えており、費用対効果が良く、顧客満足度の高いサービスと自負しております。

リーガルテックツールが本格的に広がり始めた昨今では、契約業務に関する課題を横断的に解決したいというユーザー企業様の声が増えてきましたが、リーガルテックサービスを複数導入するとコストが高くなってしまい、費用対効果が得づらいというお話もよくお聞きします。

そこで、GVA TECHとHubbleでは、さらに費用対効果が良く、顧客満足度の高いサービスを提供するために、セット割りキャンペーンを開始することにいたしました。両サービスを1ヶ月以内に新規契約することで、月額費用を20%OFFで両サービスの提供いたします。

この度のセット割りキャンペーンによるサービス提供を通じて、予算がネックになりリーガルテックの導入に踏み切れなかった企業に対して、契約書業務の課題を横断的に解決するDX推進の一助になればと考えております。

月額費用20%OFFの適用条件

  • HubbleまたはGVA assistのどちらかのサービスを契約してから1ヶ月以内に、もう一方のサービスを契約した場合
  • 過去にHubbleおよびGVA assistの導入実績がない場合

※1. 月額費用の他にそれぞれのサービスで初期費用が必要です。
※2. どちらかのサービスを解約した場合には、もう一方のサービスの20%OFFは適用外となり、正規の価格に変更となります。


GVA TECHとHubbleでは、テレワーク中でも円滑に契約書審査業務ができるように法務部の皆さまを支援して参ります。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
GVA TECH株式会社 神藏(かみくら)
Mail:assist@gvatech.co.jp

GVA assist ご紹介資料

  • 契約書レビュー業務における負担とは
  • ご利用者様が感じている導入効果
  • GVA assist の機能紹介
  • セキュリティについて
  • 料金について

無料デモ(オンライン)

機能や操作性、メリットをさっと確認

ご利用料金

プラン、ご利用人数に応じ適切な金額をご案内