1. トップ
  2. リーガルテックマガジン
  3. 解説
  4. AI-CON ProとAI-CONの違いについて

AI-CON ProとAI-CONの違いについて

「リーガルテック元年」は2019年と言われておりますが、そこから現在に至るまで、カオスマップで整理が必要なほどに(弊社を含め)複数の企業がサービスを提供開始し、切磋琢磨しています。弊社も、契約書レビュー支援だけでも2種類のサービスを提供しています。

契約書レビュー支援サービス自体は市場に複数存在しますが、各サービスの違いについては別資料をご覧いただくとして、本記事では、弊社が提供している2つの契約書レビュー支援サービスの違いについて、整理しました。

AI-CON(アイコン)

AI-CONは、弁護士が作成した基準で、秘密保持契約書を完全無料で審査できる、AI契約書チェックサービスです。

NDA(秘密保持契約書)のチェックから交渉までのプロセスを、弁護士の知見を学習したAI(人工知能)がサポートします。

社名・氏名・メールアドレスなどの情報をもとに会員登録を行うことで、秘密保持契約書を何通でも無料でチェックすることが可能です。

AIによる契約書のチェックを無料で手軽に試してみたい方は、リーガルテック最初の一歩として、お気軽にお試しになってみてください。

チェックできる
契約書
秘密保持契約書(NDA)のみ
利用できる
プラットフォーム
WEBブラウザ
(Google Chrome・Mozilla Firefox・Microsoft Edge・Safari)
料金0円

AI-CON Pro(アイコンプロ)

AI-CON Proは、的確な契約審査を効率的に行いたい法務担当者や弁護士のための、AI契約審査クラウドです。

弊社所属の弁護士が作成した162種類(2021年6月時点)の契約審査基準をもちいて、契約書に潜むリスクの検知や参考条文の参照が行えるだけでなく、ドラフト作成機能や形式チェック機能など、契約審査にまつわる業務をアシストする様々な機能で、審査業務の効率化を実現します。

また、自社内でこれまで蓄積されてきた契約書審査に関するノウハウをセットして、自社の契約審査基準でリスク検知や条文の抜け漏れをチェックできるプランもあります。

Webブラウザだけでなく、Wordアドインを通じてご利用いただくことができるサービスなことから、普段の契約書審査業務のプロセス内でスムースにご利用いただくことができます。

レビューできる
契約書
160種類超(2021年6月時点)
利用できる
プラットフォーム
Microsoft Word:Ver.2019 or O365、および一部の2016
WEBブラウザ:Microsoft Edge・Google Chrome・Mozilla Firefox
料金30,000円/月/1アカウント~(税別、初期費別)

AI-CON Proをおすすめしたい方

  1. 契約書レビューのスペシャリスト(法務・知財などの契約書審査専任担当、弁護士)
  2. 業務管掌の範囲が広く、契約書チェックに関するバックボーンはないのだけれど、契約書レビュー業務にあたらないといけない方(総務・管理・経営企画など)
  3. 社内に法務部署がなく、ご自身で契約書レビューを行わないとならない方(営業職・研究職・経営者など)

まとめ

AI-CON ProとAI-CON、違いを表にまとめると、次のようになります。

契約書レビュー支援サービスをお考えの方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にお試し・お問い合わせくださいませ。

AI契約書チェックサービス AI-CON のサイトはこちら

AI契約審査クラウド AI-CON Pro のお問い合わせフォームはこちら

サービス紹介資料

  • 契約審査業務における負担とは
  • ご利用者様が感じている導入効果
  • 機能のご紹介
  • セキュリティについて

説明会

操作性や機能をオンラインで確認

費用

導入にかかる料金について