1. トップ
  2. 導入事例
  3. 上場企業
  4. サービスとしての完成度を比較検討した結果、一番コストパフォーマンスが良かった GVA assist を選択

サービスとしての完成度を比較検討した結果、一番コストパフォーマンスが良かった GVA assist を選択

サービスとしての完成度を比較検討した結果、一番コストパフォーマンスが良かった GVA assist を選択
社名
株式会社カネカ
事業内容
化学メーカー

法務室
長沼 善紀様
岩田 慎平様

株式会社カネカ 法務室 長沼 善紀様、岩田 慎平様に、GVA assist の導入背景や目的をお伺いしました。

貴社の業務内容をお教えください。

「カガクでネガイをカナエル会社」として、住宅・自動車・電子機器における素材はもちろん、医療機器や特殊繊維、サプリメントからパン・乳製品といった食品事業まで幅広い分野で貢献しています。世界を健康にしていくために、化学を通じてさまざまなソリューションを提供しています。

現在の法務部門の体制や、ご対応されている業務をお教えください。

弊社は、法務室として11名体制で構成しており、室長のもとで大阪5名、東京5名と、2つの拠点で活動しています。

業務の内容としては、冒頭にもお話したとおり、多岐にわたった製品開発をおこなっていることから、製品カタログをはじめとした広告宣伝物の審査が多く依頼されるのが特長かもしれません。もちろん契約書の審査もあり、他、コンプライアンス研修や、現場のトラブル対応、M&Aなどにも対応しています。

法務室にくる相談件数は年間で1,400件ほどになり、広告宣伝物の審査は年間600件くらい、契約審査については、年間350件くらいが発生しており、原則として契約書は全て法務室に相談してもらうルールとなっています。

例外として、NDAや売買基本契約などの契約類型については、チェックリスト・ひな形を現場にむけて用意し、現場はチェックリストに基づき自己チェックしたうえで、法務室へ相談することなく、締結できる、というイメージです。

法務室としてよく扱う契約書としては、委託契約が一番多く、ついで、譲渡契約、共同開発契約などです。顧問弁護士はもちろんいますが、契約審査においてはほとんど依頼することはなく、インハウスで対応を完結しています。

GVA assist を導入するに至った、法務としての課題感をお教えください。

リーガルテックの話題をよく耳にしだしたのと時を同じくして、人事異動などによって弊社の法務体制が変わり、若手の法務担当が増えました。それにともなって、契約審査のスキルの平準化や、若手の育成にかかるリソースに課題がある、という自覚が深まり、色々なサービスを探すなかでAI契約書レビューの優先度が高まりました。

AI契約書レビュー支援サービスについては、コスト感を重視しつつ、サービスとしての完成度を比較検討した結果、一番コストパフォーマンスが良かった GVA assist を選んだ次第です。

GVA assist を使ってみたご感想をお教えください。

現在は、若手の法務担当者が自身の2ndレビューとして使用している状況で、AIリスク検知による不足条文の抜け漏れチェックはきちんと検出してくれており、有効につかえている印象です。

また、最近追加された形式チェック機能は、契約書以外の規程や論文でも使えるので、便利に活用しています。

GVA assist に対するご要望や改善点、ご意見などをぜひお聞かせください。

AIによる検知の精度がさらに上がると嬉しいですね。また、たまにExcelなどで契約書があがってきたりする場合もあるため、Word以外の形式にも対応できると良いです。

GVAプレイブックから出される条文の解説や参考情報は豊富ではありますが、その法的根拠や参照法令情報なども簡単に参照できると、より安心して審査に活用できると思っています。

そうした参考情報や基準について、自社独自のノウハウとしてプレイブックを作成・使用すれば良いのかもしれませんが、やはり工数がかかることから二の足を踏んでしまっています。普段使いのなかで自然と自社ノウハウが GVA assist で活用できるようになればベストですね。

事例を読まれている方に向けて一言お願いいたします。

法務担当者としてのスキルが高い、けれど担当者が持つスキルやナレッジを組織全体で共有できていないような企業法務部は、GVA assist をもちいて組織全体で高度な契約ナレッジを共有できると、さらに強い法務になるのではないでしょうか。

「読む、直す、仕上げる」契約審査をカンタンに。

AI契約審査クラウド「GVA assist」
まずは資料をご覧ください。

資料をダウンロードする
事例一覧
社名
株式会社カネカ
事業内容
化学メーカー

法務室
長沼 善紀様
岩田 慎平様

資料をダウンロードする

サービス紹介資料

  • 契約審査業務における負担とは
  • ご利用者様が感じている導入効果
  • 機能のご紹介
  • セキュリティについて

説明会

操作性や機能をオンラインで確認

費用

導入にかかる料金について